1. ホーム
  2. 基礎情報
  3. ≫『電子タバコ』と『加熱式タバコ』の違いについて教えてください

『電子タバコ』と『加熱式タバコ』の違いについて教えてください

『電子タバコ』と『加熱式タバコ』の違いとは?

昔は多くの方々が気軽に吸っていた紙巻きタバコも、最近は健康志向の高まりや、値上げの影響からやめる方々が増えてきました。

大量の煙を吐く男性

そんな中、現在話題となっているのが、『電子タバコ』、『加熱式タバコ』であり、喫煙者の方の中には気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、皆さんはこれら二つの違いをご存知ですか?

今回は、『電子タバコ』と『加熱式タバコ』の違いについてお話ししていきたいと思います。

電子タバコと加熱式タバコの違い

タール・ニコチンによる違い

輸入品の電子タバコの中には「ニコチン」を含むものも存在しますが、現在国内で販売している『電子タバコ』は「リキッド(香りの付いた液体)」を電気で加熱することで発生する「水蒸気」を吸う仕組みとなっており、タール・ニコチンを一切含んでいません。

一方、『加熱式タバコ』は、タバコの葉が詰まった「ヒートスティック」と呼ばれる部分を電気で加熱することで煙が発生する仕組みとなっていて、紙巻きタバコと比べてタールの量は少ないですが、当然ニコチンを含んでいます。

見た目による違い

前述した通り、電子タバコはリキッドを電気で加熱した際に発生する水蒸気、加熱式タバコはヒートスティックを電気で加熱した際に発生する煙を吸うわけですが、加熱式タバコの煙は紙巻きタバコほど多く発生しません。

この点が紙巻きタバコと、加熱式タバコを比較した際のメリットでもありますが、紙巻きタバコをずっと吸っていた方の中には物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

一方の電子タバコで発生する水蒸気はかなり多く、ニコチンこそ含んでいないものの、加熱式タバコよりも紙巻きタバコを吸っているような感覚が味わえます。

禁煙を目指すなら電子タバコ

将来的な禁煙のために電子タバコや、加熱式タバコに切り替えるなら、電子タバコがおすすめです。紙巻きタバコと比べると少ないとはいえ、ニコチンを含む加熱式タバコは禁煙を目指すという方にはあまりおすすめできません。

反対に電子タバコの場合は、ニコチンを一切含まない上、発生する水蒸気の量も多いことから、禁煙を目指す方にもおすすめできます。

電子タバコにもマナーあり】
今回は『電子タバコ』と『加熱式タバコ』の違いについてお話ししてきました。『電子タバコ』は「紙巻きタバコ」や、「加熱式タバコ」とは違い、タールや、ニコチンを含んでいませんが、周囲から誤解されてしまう恐れがありますので、喫煙コーナー以外の場所では吸わないようにしましょう。