1. ホーム
  2. 基礎情報
  3. ≫最近流行りの電子タバコは身体に安全なものなの?

最近流行りの電子タバコは身体に安全なものなの?

教えて!電子タバコを吸っても健康に害がないの?

日本人には馴染み深い嗜好品の1つとしてタバコが挙げられます。そのタバコが最近変化していることをあなたはご存知でしょうか?

電子タバコを咥える女性

タバコには中毒性があり、ニコチンやタールなどによって引き起こされる肺がんや呼吸器系の顔が懸念されています。最近ではそんな健康を考えてタバコをやめると言う動きも増えてきています。

そんな中で完全な禁煙を行わずにタバコを吸い続ける方法があります。それは「電子タバコを使用する」と言う方法です。日本人がよく口しているタバコは紙巻きタバコと言う種類なのですが、電子タバコは「特殊なリキッドと気化させることによって楽しむもの」と言う位置合いでアメリカを中心にブームだったものが日本へと流れてきています。

そんな電子タバコですが、安全性と言う面ではいかがなものなのでしょうか?結論から言うと、「完全には安全性は保証されていないと言うことが言える事は確かです。

しかしながらタバコとは違い、ニコチンやタールが含有されていないことから中毒性の可能性は低く、肺や気管などの呼吸器系にはさほど大きな障害を出さないことが多いです。

それでもタバコはタバコですから、少なからず身体への影響は現れます。アメリカの研究では、植物由来のリキッド成分から脳や心臓、粘膜への影響が現れると言う報告を行なっています。

しかしながら、挙げられているものは完全かつ正確なエビデンスとは一概には言えませんし、電子タバコは身体に良いと言う報告を行っている方もいます。

また日本人が好んで嗜好している紙巻きタバコの方が多くの有害物質と発がん物資を含んでいます。ですから、どちらかと言えば紙巻きタバコよりも電子タバコの方が良いと言えるのかもしれません。

電子タバコには最初に揃える初期費用が少なからずかかってしまうとは言われていますが、タバコの味以外にも様々な味を楽しめると言うことで人気です。

日本人の死因の1つである「がん」を起こさないためには電子タバコが好ましいと言えるのかもしれません。