1. ホーム
  2. 基礎情報
  3. ≫電子タバコは高校生でも吸うことはできますか?

電子タバコは高校生でも吸うことはできますか?

高校生と電子タバコの安全性

電子タバコは、成人が吸っていることがほとんどです。その光景を目にし、高校生でも吸うことはできないのか疑問に思っている方も存在するでしょう。

そこで、高校生でも電子タバコを吸うことができるのか検証していきましょう。

スマホを見ながら電子タバコを使用する男性

一般的に害は少ないといわれている

タバコには、たくさんの種類の化学成分が含まれており、健康に悪い影響を及ぼすのは一目瞭然です。ニコチンやタールをはじめ、依存性があり有毒な成分が大量に含まれているため、健康が気になっている大人はタバコの代わりに電子タバコを吸っている実情が存在しています。

電子タバコは、専用のリキッドを用いて吸うタイプの物になりますが、タバコと同様に煙が出てくるため吸った満足感を得られやすいです。

しかも、タバコのように種類豊富な有害成分が入っていないため、健康に影響を与えないという意見も存在しています。

ニコチン入りの電子タバコも存在している

電子タバコは、普通のタバコと比べて有害成分が入っていないといわれていますが、ニコチン入りのリキッドを用いてしまうと心身に悪影響が出やすいです。

まず、ニコチンには依存性があり吸い続けることで症状が現れやすくなります。いつも摂取しているニコチンが切れてしまうと、頭痛や震え、イライラなど心と体に症状が出てしまうのです。

ニコチン入りの電子タバコは、育ち盛りの高校生に悪影響を及ぼします。

研究結果もはっきりしていない

電子タバコの研究は、まだ始まったばかりということもありわかっていない部分もあります。体に悪い成分は入っていないといっても、今後の研究で新たな害が見つかる可能性は否定できません。

また、電子タバコの品質によっては、火を付けたときの熱により金属が溶け、その粒子を吸い込んでしまうリスクがあることもわかっています。

このように、健康に与えるリスクが存在している可能性があることもあり、高校生が電子タバコを購入することができないようになっています。